乾燥から髪を守る!冬のダメージとヘアケア対策

髪の毛の乾燥を防ぐには?

髪の毛のうるおい逃がさない!

乾燥からくるダメージ対策&ヘアケアのポイント

お肌が乾燥しがちな冬は、同じように髪の毛も乾燥しがち。パサついてるかも?と思っていても、スキンケアほど念入りに、髪の毛のお手入れってしていなかったりしていませんか?髪の毛もお肌と一緒で、冷たい外気にあたった髪の毛は、ゴワゴワしたり、パサつきて枝毛や切れ毛の原因にもつながります。また空気の乾く冬のシーズンは、静電気も起こりやすくパチパチしたり、髪が広がりやすく、まとまりにくい状態など。ヘアスタイルが決まらないだけでなく、ダメージの原因など。。本当に困ってしまいますよね?

髪ダメージの画像

ダメージのないサラサラの指通りのよい、天使の輪の広がる美髪をキープするためにも♪冬の乾燥から髪のうるおいを守る、ヘアケアをご紹介いたします。

髪の毛が乾燥する原因

冬は、外の冷たい風はモチロン、部屋の中のエアコンにも注意が必要です。エアコンの風に直接あたっていると、静電気が起きやすくなったり、髪の表面がゴワついたりパサついたり。。そんな経験ないですか?

実は、髪の水分が失われると、表面のキューティクルがカラカラに。剥がれやすくなってしまい、髪のダメージが表面化し、枝毛や切れ毛の原因にも。さらに、外側のキューティクルがドンドンと剥がれてしまうと、傷ついた部分から、髪の内部の水分まで出てしまいダメージが進んでしまいます。

チェックの画像 空気の乾燥

髪の毛がパサいてると思ったときは、ムリに引っ張ったりしないで、優しくほぐすようにブラッシングするようにしましょうねっ。

キューティクルの画像

チェックの画像 ドライヤーのかけすぎ

『冬は髪の毛をしっかりと乾かさないと、風邪を引いてしまいそう。』と思って、すぐにドライヤーで髪の毛を乾かしていませんか?

髪の毛にとって一番のダメージが乾燥状態』をつくるコト。 しかも水分が蒸発する際に余分な水分だけが蒸発せず、髪の毛に必要な水分も一緒に蒸発させてしまうのです!髪の毛にとって必要な水分を残すためにも、余分な水分はタオルドライでしっかりと押さえることが大事です。

ドライヤーの画像

そしてドライヤーをかけるときは、毛先を乾かすのではなく、地肌を乾かすように内側から乾かしましょう。髪の毛を乾かす目安は、美容院でスタイリングしてもらった状態に。完全に乾かさず、ほんのちょっぴり水分の残った湿った感じをキープするのがポイントです。

チェックの画像 摩擦

タオルドライの時に、タオルをゴシゴシするのは絶対にNG!キューティクルが開いている洗髪後は、一番ダメージを受けやすい状態にあります。髪の毛もお肌と一緒で、ゴシゴシと摩擦や強い刺激を与えると、表面のキューティクルが傷み毛髪の内部の水分が失われやすい原因に。タオルで髪の毛を押すような感じで、しっかりと水分を拭き取りましょう。

摩擦の画像

チェックの画像 静電気

乾燥したところでブラッシングすると、摩擦で静電気が起こりやすくなります。パチパチとイヤな音を鳴らす静電気って、実は電流が走ってるんですよ。なんでも、『2万ボルト』の電気が流れているとも!?

髪と地肌をいたわり、静電気をなるべく起こさないためにも、プラスティック製のクシやブラシを使うのは控えたほうがベター。木製のブラシにかえるだけでも静電気は起こりづらく、髪への負担とダメージも軽くなりますよっ。

ブラッシングの画像

100円ショップで売ってる木製のクシに、椿油を染み込ませお手製『つげ櫛』にするのも◎です♪

ポイントの画像 先生の画像 ■ まとめ ■

  • エアコンに直接あたらない
  • ドライヤーのかけすぎには注意
  • プラスティック製のクシはNG
  • ゴシゴシ、髪の毛をこすらないこと

サラサラ美髪のヘアケア・ポイント

シャンプーの画像

髪の毛の乾燥も気をつけたいポイントですが、頭皮の乾燥にも注意が必要です。髪はダメージ部分をカットできますが、頭皮はお肌と一緒で、バリア機能が壊れてしまうとドンドン水分が失われ、かゆみやフケの原因にも。その結果、毛根が傷つき、抜け毛や薄毛につながります。

ポイントの画像 シャンプーのしすぎ

顔を洗うのと一緒で、シャンプーの回数が増えてしまうと、毛と頭皮に必要な油分まで洗い流してしまいます。乾燥が気になる場合は、シャンプーの回数を減らすのがベター

ポイントはシャンプー前のブラッシングと、お湯で髪の毛を十分に濡らし洗い流すコト。これだけでも、髪の毛の表面についたゴミやホコリは落ちやすく、1回分のシャンプーを減らせますよっ。

洗い流すの画像

ポイントの画像 石けんシャンプー

シャンプーには『界面活性剤』といわれる『汚れを落とす成分』が配合されてます。市販のシャンプーに含まれる『合成界面活性剤』の特徴でもある『強力な洗浄力』により、実は髪の毛にとって必要な油分も一緒に洗い流してしまう危険性が。。髪の毛や地肌にとって必要な成分も落としてしまい、乾燥の原因にもなりかねません!

なるべく髪の毛と地肌に負担をかけない、シャンプーとしてオススメしたいのが『石鹸シャンプー』です。石鹸シャンプーとは、『固形石鹸で髪の毛を洗う』コト。石けんで髪の毛を洗う一番のポイントは、なんといっても、『汚れを落とす以外の成分が入ってない』コト!いらない汚れだけを洗い流し、必要な栄養を残してくれる石鹸は、髪の毛と地肌に優しく、髪本来の美しさと健康を蘇らせてくれますよっ。

髪の断面の画像

上手な石鹸シャンプーのやり方

『キシミやすい?』『ベタつく感じ?』など、初めて石けんシャンプーを体験した方に多いご質問。初めての方に、上手に石鹸シャンプーを始められるコツをご紹介いたしま~す♪

手作りリンスの作り方

開いたキューティクルを閉じるのがリンスの役目。石鹸シャンプー後は必ず『酸性リンス』を使いましょう石鹸でアルカリ性に傾いた髪を、弱酸性のリンスで中和させると、キューティクルがキュッと引き締まり、髪本来の状態に戻ります~♪

ピュアラソープのトップページへ戻る

石鹸シャンプー&賛成リンスは、合成保存料・合成着色料・合成界面活性剤を一切使用せず、頭皮・髪の毛・カラダにとても優しい洗浄成分です。最近話題の『ノンシリコンシャンプー』に興味がある方は、石けんシャンプーをはじめてみてくださいねっ♪昔ながらの製法でにより1つ1つ手作りしているピュアラソープは、顔やカラダはモチロンのこと、髪の毛や頭皮にもとっても優しい無添加です。

スキンケアのコンテンツ

ほうれい線を消すマッサージ方法 目尻のしわ解消ツボ押しマッサージ 美肌に効く顔ツボについて
秋のお肌の強敵 秋のお肌と乾燥対策! 本当の保湿ケアって何?~お肌の仕組みについて~
冬の洗顔!乾燥を防ぐ5つのポイントとは 冬のお肌の乾燥とお手入れポイント 乾燥から髪を守る!冬のダメージ・ヘアケア対策
春のお肌の強敵 春のお肌とスキンケアについて 夏の紫外線対策!うっかり日焼けに要注意!
夏のお肌の強敵 夏の美肌づくりポイントは汗対策! 夏の洗顔ポイント
はちみつを使った美容スキンケア

トップへ戻る

下のアイコンをクリック!このページを簡単にソーシャルブックマークしていただけます♪ Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップ このページをはてなブックマークに追加

ご利用ガイド

3月の営業日

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

4月の営業日

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日 発送お休み

毎週土日は、ご注文の確認メール・お問い合わせ等のメールヘの返信及び商品の発送業務はお休みとさせて頂いております。なおご注文は、通常どおり24時間受け付けております。

いつでもお気軽にお問合せくださいませ♪

守秘義務宣言♪

お客様からお預かりしました個人情報は、商品の発送以外には利用しません!どうぞご安心してお買い物をお楽しみくださいませ。

SSL

当店のショッピングカートは
SSLで保護されています!

送料について

当店の商品は、全てバリ島から航空便にて直送です♪送料は。。。 100gまで500円、250gまで700円と重量制となっております。 詳細は下記よりご確認ください。

個人輸入商品について

個人輸入商品のマークがついた商品は個人輸入商品です。個人輸入商品 ご注文のやり方や発送方法などは同じですが、1回に輸入できる数量に制限等、幾つか注意点がございますので、ご注文の際はご確認くださいませ。

今週のお客様の声♪

やはり違いを感じました。

昨日、お品物が届きました。思っていた以上に目が細かくて綺麗ですね。今は季節的に外で活躍できませんが、飾ってあるだけで様になります。待ったかいがありました。ありがとうございました。

更新履歴